歯周ポケット測定

歯根面と歯肉の間の溝の深さをプローベという器具を用いて測定します。3mm以下なら健全4mm以上は治療が必要です。

2プラーク付着診査

歯面に付着しているプラークを染色液を用いて調べどの程度ブラッシングできているか判断します。

3レントゲン検査

歯の周りに骨がどの程度あるのかもしなくなっているならどういうパターンか判断します。

4歯の動揺度

健全な歯はほとんど動揺しません。動揺度が大きいと症状が悪いです。

5歯周ポケット測定時の出血

プローベで測定している時出血すると活動期と判断します。