1ブラッシング指導

第一に患者さんによるブラッシングが重要な鍵になります。患者さん自身がブラッシングを頑張りプラーク付着していない状態を維持することが必要です。

2スケーリング

歯根面に付着した歯石を歯科医師、歯科衛生士が超音波スケーラー、エアスケーラー、ハンドスケーラーで取り除くことです。

3ルートプレーニング

スケーリング後、再度スケーラーにより歯根面を平滑、滑沢にして歯根表面にプラークが付きにくくする操作です。

4キュレッテージ

歯茎に麻酔をして炎症症状が生じている歯肉をスケーラでとりさることです。この行為により治癒を促進することができます。

5歯周外科処置

初期治療で治癒していない部位があれば歯周外科処置が必要となります。

歯周病のチェックポイントはこちら